企業にとって現金及び資金の管理は、きわめて重要な業務です。現金及び資金の管理が効率化されれば、不要な借入れや、これに関わる利息の支払が減少し、多くの事務処理が効率化され、不正リスクが減少するなど様々な効果をもたらします。ここでは現金集金に関わる課題解決と、CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)についてみてみましょう。

現金集金

商品・サービスの代金支払手段・決済手段として、現金集金の業務は未だに多く残存しています。特に、BtoCやスモールビジネスを対象とするBtoBで、その傾向が顕著です。
このような現金集金業務は、口座振替や銀行振込、クレジットカードでの支払に置き換えられれば大幅な業務効率の改善が図られますが、一方で、当該業務・業界の商習慣や支払対象の商品・サービスの特性、或いは支払者側の意向から、現金集金・現金回収がなかなかなくならないというのが現実です。
このような現金集金・現金回収業務には以下のような難点やリスクが伴います。

非効率な業務運営

現金集金・代金回収のため顧客のもとへ往訪する必要があり、顧客不在による再訪 等含め相当な人件費がかかる

つり銭を含めた現金の管理、及び領収書の管理が非常に煩雑

盗難・紛失・不正行為 現金を扱うことから恒常的に盗難・紛失・不正行為のリスクを伴う
非効率な資金運用 代金回収を現金で行うことから口座入金や送金・資金集中まで時間がかかり、現金 資産・流動性資産が有効に活用できない
内部統制上の問題 現金、及び手作業を中心とした作業が多く含まれるため、上記の不正行為も含め、恒常的な売上・現金有高の不一致が発生しがち


上記のように現金集金・現金回収には多くの難点があり、不正行為のリスクや内部統制状況の問題もさることながら、業務運営の効率化の観点から撤廃したいとお考えの経営者は多いはずですが、現実的にはなかなかこれを失くせないというのが現実です。

CMS(キャッシュ・マネジメント・システム 資金管理システム)とは

CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)とは、文字通り資金としてのキャッシュを管理するシステムのことであり、企業や企業グループ全体の資金を、一元的に集中管理するための仕組みです。
一般にCMSは以下のような機能から成ります。

プーリング(Pooling)

予め設定した条件をもとに自動的に口座間の資金移動を行うもの。金融機関におけ るゼロバランス、ターゲットバランス等の処理が知られています
上記のような資金集中の代わりに、一定の枠内でグループ会社や各拠点が自由に資 金の借入れを行うことによって対外的な借入れを減らし、金融機関へ支払う利息を 削減することができます

資金繰り予測

将来的なキャッシュフローを予測して資金が不足する場合はその調達を行い、余剰 資金が発生する場合は、最も有利な方法で資金運用を行います
特に資金の調達は相応のコストが発生するため、不要な調達を行わないように高い 精度をもって予測を行うことがCMS運営上のポイントとなります

ネッティング

ネッティングとは、グループ企業間あるいは拠点間で債務と債権を相互に相殺し差 額決済を行うことです
これによって、送金コストや不要な事務処理負担を削減することができます


このようなCMSは、資金管理を高度化し、支払利息を減らし、業務処理負担を減らすという観点で、多くの効果をもたらしますが、一方、このようなCMSは銀行によって提供される場合が多く、このため複数の銀行と取引をしなくてはならない企業にとって、思い描くようなCMSがなかなか実現できないという現実に直面してしまいます。

ビリングシステムの資金管理ソリューション ― 支店売上集中サービス(CashLine) ―

ビリングシステムは、請求代行、収納代行(決済代行)、CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)の各機能を組み合わせて、貴社の現金集金、現金管理、資金管理をトータルに効率化・合理化するサービスをご提供します。

支店売上集中サービス(CashLine) ― 現金集金 ―

売上現金を預け入れる手段として一般的なものは銀行が提供する夜間金庫ですが、夜間金庫は、通常預入れ場所が銀行支店が存在する場所に限定されるという地理的な問題や、近時銀行が夜間金庫の新規提供に消極的になっていることもあり最適な解決方法とは言えません。ビリングシステムは、入金専用カードを用いて、コンビニATMや銀行ATMを夜間金庫として活用することにより現金集金に関わる課題を解決します。またこの際、単純な入金処理以外に売上額・集金額・入金額を登録し、集計・報告するシステムをご提供し本部経理部署における業務合理化のご支援を致します。

支店売上集中サービス(CashLine) ― 複数行CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)機能 ―

CMSを導入する場合に、しばしば問題になるのが複数銀行をまたがったCMSの構築です。先に述べたように、CMSは銀行が自行の顧客のためのサービスとして提供される場合が多く、複数の銀行と取引がある場合や、複数の銀行のATMやコンビニATMから入金された売上金を集中するサービスは提供されていません。
ビリングシステムは、ビリングシステムがもつ全国約1,500の銀行・金融機関(メガバンク、地方銀行、ネットバンク、ゆうちょ銀行、信金、信組、農協、漁協等)との提携契約をベースに、複数の銀行に散在する流動性資金を貴社ご指定の口座へ集中するサービスをご提供いたします。また同時に貴社のグループ会社、支店・支社・営業所・営業マンからの入金を集中し、関連する情報をとりまとめて還元いたします。

支店売上集中サービス(CashLine) ― 請求代行、収納代行(決済代行) ―

ビリングシステムは、請求書の発行と資金回収を代行する請求代行サービス、口座振替、払込票決済を含めたコンビニ決済、クレジットカード決済など、代金回収に関わるトータルサービスをワンストップでご提供することにより、貴社の現金集金、現金管理、資金管理を効率化・合理化するサービスをご提供いたします。

ビリングシステムは、現金集金サービス、CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)、請求代行サービス、収納代行(決済代行)サービスのご提供を通じて、貴社の資金管理、経理業務の高度化、効率化をご支援いたします。売掛金回収、売上金の管理、キャッシュ・資金の管理については、是非ビリングシステムにご用命ください。

支店売上集中サービス(CashLine)のサービスご紹介画面へ